君よ憤怒の河を渡れ

アクセスカウンタ

zoom RSS 石原慎太郎を甘やかすべからず

<<   作成日時 : 2006/08/30 22:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 日本の五輪候補地が東京に決まり、五輪を日本でやる必要はないと思った。都知事の石原は、自らの知事三選への出馬をほのめかしたそうだが、五輪は石原の選挙活動の道具なのか?東京には週に数回しか来ないそうだが、こんな枯れた作家くずれを政治家扱いする必要はない。どこに住んでいるのか知らないが、おとなしく年金生活でも送っていればよいのだ。
 以前、銀行税などと言う馬鹿げた政策をとって、結局金利分を加えて銀行に返還したが、金利分を都民に返したかね?また米長などという、いかにも胡散臭い棋士を都教育委員にして、国歌、国旗の権威付けに熱心だが、そんな下らんことに金と時間をかける余裕があるなら、青少年の知的レベル向上の政策でも考えないと、都民としては作家くずれに給料などやる必要を感じないな。銀座に戦車を走らせた軍事バカとしては名を残すかもしれないが、作家として作品が残ることはあるのかね?
 3人の息子は皆、ひどく個性的な顔立ちだが、2人は自民党議員なので小泉の冷遇を恐れてか、父伸太郎は小泉擁護一辺倒で民主党への愚にもならん批判をしていた。公の場で、性質の悪い親バカぶりを発揮したいのなら、都知事を辞めてからにするべきだ。石原のインタビューがマスコミで流れるのは、都知事だからであって、単なる作家くずれのインタビューなど誰が聞くのか。もう1人の息子はフジテレビで重用してもらっているようだが、それも取引の内か(小泉孝太郎もだが、首相の息子だからと出演させてもらえるとは、北朝鮮ならありえるかもしれないが、中国ではありえないな)。
 しかし、JOCにはがっかりした。アジアへ開いた福岡のほうが、どう考えても魅力的だし未来志向なのだが、前回のオリンピック施設を再使用するという、お古オリンピックを選ぶとは、どんより淀んだ右寄り東京政治に毒されたのかも知れない。石原は「国威発揚」の為とも言っていたが、痴呆の初期症状ではないのか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「石原慎太郎を甘やかすべからず」について
「石原慎太郎を甘やかすべからず」について 貴殿のご意見と、何がし相通ずるものがあるかもしれません。もしお暇があれば、小生の下記のブログ(1)、(2)および(3)をご覧下さい。 安部氏が石原氏に約束した五輪招致担当大臣の設置は実現しませんでしたが、ご長男の石原伸晃氏が幹事長代理に栄進されました(下記の(2)をご参照下さい)。転んでもただでは起きないような感じですね。 (1)晴海会場新設と五輪招致自体に断固反対する !!http://mikitogo.at.webry.info/2006... ...続きを見る
東郷 幹夫の思いつくまま日記
2006/10/02 15:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
石原慎太郎を甘やかすべからず 君よ憤怒の河を渡れ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる