君よ憤怒の河を渡れ

アクセスカウンタ

zoom RSS 東レPPOの長い1日(9月28日 2日目)

<<   作成日時 : 2009/10/01 14:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 世界のトップランカーを集めた東レパンパシフィックオープンの2日目はセンターコートで6試合行われたが、第1試合が10時半過ぎに始まり、第6試合の終了は翌日午前零時45分ごろになるという長い1日となった。


 第1試合; ペトロワ(第13シード) 6-0、2-1 棄権 杉山愛

体調不良の杉山に、パワーと滑らかなフットワーク、ダブルスもそつなくこなす器用さをもつ実力派のペトロワとの対戦は荷が重かった。デビュー当時の杉山を代々木体育館で行われた国内大会で見たことがあるが、バックハンドにスライスを続ける相手に対して我慢強くダブルバックハンドで返して長いラリーをしていた姿を憶えている。現在のプレースタイルへの進化とコンスタントに活躍を続けた鉄人ぶりに敬服する。


 第2試合; 張 凱貞 7-6(5)、4-6、7-5 サフィーナ(第1シード)

第1シードのサフィーナが破れた。第3セットは5-4でサーブだったのだが、リードを守り切れなかった。張は十分な準備をして試合に臨んではいたが、サフィーナ自身が試合後に言ったように彼女自身の問題が大きかったように思う。全米で敗れた時には「テニス以外の経験が必要かもしれない」とも言っていたが、初日に行われた杉山の引退セレモニーでもらい泣きをしていた彼女の豊かなメンタリティを生かしながらも安定したプレーができるようにしてもらいたい。
 

 第3試合; ペトコビッチ 7-5、4-6、6-3 クズネツォワ(第5シード)

ペトコビッチのカウンターを喫して、スピン系ストロークへの返球にミスが目立ったクズネツォワが破れた。ペトコビッチの堅実なプレーが目立った。


 第4試合; シャラポワ 4-6、7-5、6-1 スキアボーネ

シャラポワのサーブのフォームが変わった。全米ではラケットを肩に担い状態からスイングに入っていたが、下から引き上げる自然なフォームに戻して、安定感が戻ったように思う。


 第5試合; ウォズニアク 5-7、7-6(2)、6-4 クルム伊達

第2セット5-2でサーブとなった伊達だが、フラット系強打のリターンを足元と角度をつけたクロスに決められたリターンポイント3つを含めて0-40で第8ゲームを失う。その後は緩急をつけた相手のストロークにライジングのミスショットも増えて5-6となるが、なんとか6-6に持ち込む。そのタイブレークを失っての第3セットでは2-5まで追い込まれるが、相手が勝利のプレッシャーのためかイージーミスで3ポイントを失うと競り合いながら第10ゲームに持ち込み、最後まで競り合った。第2セット終了時にスタミナ切れかと思われた伊達が、第3セットで相手の隙を見逃さずに食いついていく点に彼女の勝負師ぶりが見られた。ウォズニアクには強打のほかに、今年の全米でモーレスモを破ったように仕掛けてくる相手に対して冷静に対応できるテクニックもある。


 第6試合; パブリュチェンコワ 7-6(6)、7-5 V.ウイリアムス(第2シード)

夜の11時ごろに始まった試合はウイリアムスが最初の2ゲームを連取して早く試合を終わらせようとしているのかとも思ったが、相手のパブリュチェンコワはストロークで食い込まれているように見えてもクロスへ鋭い返球をする等、パワーでも負けていないプレーで第2シードを破った。パブリュチェンコワのプレーは確かに素晴らしかったのだが、あまりに遅い試合開始時間が両者のプレーに影響しなかったどうかも知りたいところだ。



 全試合の終了が翌日午前零時45分ごろになったのは、第2試合から第5試合の4試合が3セットのフルセットマッチになったためだから、熱戦が繰り広げられた結果ともいえるだろう。なお翌日の3日目の終了時間は夜の11時半ごろだった(3試合目のシャラポワの試合は6-0、6-1、4試合目のウオズニアッキの試合は第1セット5-0で棄権)。選手はプロだから試合はするだろう。しかし、開閉式の屋根があり雨天でもプレイできるスタジアムを使っていながらこの終了時間は遅すぎるのではないだろうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東レPPOの長い1日(9月28日 2日目) 君よ憤怒の河を渡れ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる