アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「マスコミ」のブログ記事

みんなの「マスコミ」ブログ

タイトル 日 時
結界が破れてしまったような日本の現状
 国民の多くが期待した民主党による政権奪取から4年、既得権益を守るべく張られたネガティブキャンペーンを経て、自民党が復権した現在、戦前日本の指導層の責任追及に対して「日本に階級史観はそぐわない」と言い放つ”1億火の玉”首相、安倍晋三の登場により、日本は葬ったはずの魑魅魍魎が我が物顔で歩き回り、個人という境さえ曖昧な状態になりつつあるようにみえる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/22 02:35
12 東レPPOテニス決勝 ラドワンスカVSペトロワ
 前年の優勝者ラドワンスカと、第17シードのペトロワの決勝戦は、6-0、1-6、6-3でペトロワが勝った。色々なショットを操る技巧派といわれるラドワンスカだが、ペトロワの強打に対しては思うようなテニスができなかったように見えた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/30 02:56
12 全英テニス 錦織VSデルポトロ
 ケガによる戦線離脱から復帰した錦織が3回戦でデルポトロと対戦したが、3-6、6-7(3)、1-6のセットカウント0-3で敗退した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/07/03 22:01
12 全仏テニス男子決勝 ジョコビッチVSナダル
 全豪オープンの決勝では、5時間を超える長いフルセットマッチをジョコビッチが制した組み合わせだが、全仏では雨による中断、順延はあったものの4時間足らずの試合時間のセットカウント3−1でナダルが雪辱した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/17 02:20
民主党所属の衆議院議員は、菅を支持する愚かさを学んだか?
 今週中に自民党が、内閣不信任決議案をようやく提出するようだ。議席数の計算では、305人いる民主党の衆議院議員の中から、81人が賛成すれば過半数に達して可決される。たとえ81人が賛成したとしても、残りの224人は菅を支持するというのだから、まったくつける薬がない愚か者の集団だと思うのだが、いやはや何を考えているのか公表してもらいたいくらいだ。  決議案へ賛成されることを恐れて、岡田、仙石、前原などなどのやさぐれ政治家が同僚議員の皆さんを脅しつけている。岡田氏は「造反は離党を覚悟してするべきだ。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/05/31 01:58
東日本大震災後の菅首相とマスコミとキャンペーン
 東日本大震災が3月11日に発生してから1カ月余りが過ぎた。震災後に見られた奇妙な現象について振り返ろうと思う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/04/17 19:25
"脱小沢”の不毛
 9月に行われた民主党の代表選挙で、小沢氏が破れ菅首相の続投が決まった。さらに、検察審査会の2度めの決議で小沢氏の強制起訴が行われる予定になっている。  検察審査会に呼ばれた一般人11人は、経緯はともかく、一定期間にわたり小沢氏の政治活動を妨害するという点で、日本国民を奈落の底に突き落とす決定をしたことになった。政権与党である民主党が”脱小沢”になったら、何も期待できないだろう。菅首相とその取り巻きである、仙石、前原、野田、岡田などの言動を見ていれば、「こういう連中がリーダーでいたから、いまま... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/10/27 01:17
菅直人を首相から引きずり下ろす小沢一郎の出馬
 約3週間後に行われる民主党の代表選挙に、小沢一郎氏が立候補することになった。日本にとって久しぶりと言っていいくらいの明るいニュースである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/08/27 01:38
検察を司法と信じる上の空
 最近の一連の報道等を見ると、検察のリークをまるで最高裁判所の判決のように取り扱う方々が多いことに驚く。検察発の噂を材料に三権分立を語るにいたっては噴飯ものである。言うまでもなく日本は三審制(地裁、高裁、最高裁)をとっており、被告の権利を保証するために弁護人をつけることが義務付けられている。当然のことながら、検察が起訴したからといって全てが有罪になるわけではない。実際、最近も特捜部が立件した裁判で無罪が確定している(西松建設事件もおそらく無罪になるだろう)。  今回の騒動にもかかわらず、民主党... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/20 01:47
忠犬たるべき検察が、番犬変じて狂犬と化す。
 昨日、東京地検特捜部が与党幹事長小沢一郎の元秘書で現衆議院議員の石川氏を逮捕した。土地取引に使われた資金の出所がゼネコンからの不正な賄賂だったのでないかとの憶測に基づく、政治資金規正法違反の容疑だそうだが、様々な事情から考えると恣意的な権力の行使としか言えない。何やら去年の夏にどこぞの建設会社の幹部から聞いた話をもとに捜査を進めたが、何の証拠も見つからないために打つ手が無くて逮捕したようだ。このような逮捕を認める裁判所も含めて、前政権までの長期にわたる政権独占がいかに民主主義に有害であったかが... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/16 20:25
政権交代後の風景
 2009年8月30日の衆議院選挙における民主党の圧勝により、自民党と公明党による政権は終わりを告げた。政官業の癒着を突き詰めて日本の経済に大打撃を与えた自民党と、その延命装置として働く代わりに国民の代表を気取る権利を得ていた宗教政党は歴史的な敗北を喫したのだが、3か月を過ぎた現在の両党の凋落ぶりも含めて、国民が目にする風景は大きく変わった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/11 21:18
小沢代表の辞任で政権交代は正念場へ
 5月11日に、民主党の小沢代表が辞任会見を行ったが、さばさばしたというか辞任前よりもさらに政権交代への強い意欲を感じさせるものだった。その目的が、検察とマスコミによる攻撃が民主党の目指す政権交代に与える影響を取り除くためであることは明らかである。数日後に党首会談の予定が組まれてはいたが、小沢氏からすれば麻生首相は全く配慮する必要がない相手なのだろう。討論する暇があるなら選挙をやってもらいたいものだ。  野党の党首を狙い打ちした今回の検察の行動には驚かされた。小泉の政敵を次々と葬りさっていたこ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/13 01:01
08 全英テニス男子決勝 フェデラーVSナダル(5セット途中まで)
 3年連続同じ顔合わせの決勝となった。フェダラーのサーブで試合が始まったが、最初のポイントはラリーの末にナダルがダウンザラインにフォアのエースを決めた。そのラストショットの弾道は、まるでCGを使って映像化したようなスピンとバウンドで、その後のフェデラーの苦戦を予想させるに十分だった。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/07/08 22:37
自民党と公明党の強盗政治
 国民の支持率が20%を切る内閣が行政に必要な国家権力を行使しつづけている現状は、税金として託された国民の資産を不当に入手しているに等しい。強盗政治である。福田、町村、伊吹、大島、北側らの表情と言葉をよく憶えておこう。自己中心的な理由で、犯罪に等しい行為に手を染めながらも、開き直って自己正当化ができる自分に酔ってでもいるような表情を思い出せば、愚かな犯罪者を判別することが必要な時に役立つだろう。  一ヶ月ほどくらい前であろうか、朝日新聞で編集委員の星という方のコラムを読み、共犯者としてマスコミ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/07 00:07
そのまんま東国原知事を出演させる「オーラの泉」の危うさ
 1週間ほど前に、テレビ朝日の番組「オーラの泉」に宮崎県知事の東国原氏が出演していた。この番組の中で以下の内容が放送された(一部だが)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 1

2008/04/14 00:47
大相撲のプロレス化と朝青龍
 なんとも情けない相撲協会のはからいで本場所の土俵へ戻ってきた朝青龍だが、初日から3日目までの取組を見ると、場所前からのマスコミの報道なども含めて、大相撲のプロレス化とでもいうような現象が顕著になっているように思う。  多くの方がご存知のように、プロレスはショービジネスであり、勝ち負けは試合前から決まっている。プロレスラーの体力や運動能力の高さを否定しないが、彼らがお客に対して説得力がある演出をしているのは間違いない。それでなければ、彼らがあれだけ危険なワザを使って、数多くの試合をこなしながら... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 5 / コメント 0

2008/01/16 01:07
変わる小沢を受け入れる民主党なら期待が持てる
 ここ一週間ほどの、民主党代表小沢一郎の辞任問題はまったく大した騒動だった。豪腕といわれた小沢氏が組織内で自分より地位が低い者の意見を受け入れて続投するという変化をみせたのは、本人も会見で触れていたが、自分が変わらなければと代表就任時にぎこちない笑顔を浮かべていた様子を思い起こさせた。今回は、読売と自民党の詐欺師集団に嵌められたが、何とか持ちこたえたようで、政権交代を希望する方々は一安心であろう。  辞任会見では民主党への批判も出たが、民主党の関係者は叱咤激励と思い、精進してもらいたいものだ。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/11/09 02:08
石原慎太郎の奴隷都政を再起動させた07年都知事選D
 07年の都知事戦と沖縄参院補欠選挙においては、自公政権が推す候補に対立する候補への誹謗中傷がインターネットの掲示板に大量に投稿された。毎日新聞の報道では、その量から組織的な行動であるとされていた。その後、捜査に関する情報に触れる機会はないが、政権が変われば何か明らかになるのかもしれない。  ネット上の選挙運動の効果はさておき、都知事選において石原陣営は「反省」戦術を取ったといわれている。2007年5月3日の朝日新聞によると、選挙コンサルティング会社「アスク」の社長である三浦博史氏は   ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/07/24 22:37
07 全英テニス女子決勝 バルトリVSウイリアムス
 過去3度全英を制したヴィーナス・ウイリアムスと、初めてグランドスラムの決勝に進んだバルトリの決勝戦は、下位シード同士の異色の一戦だった。バルトリはフォアバック共に両手打ちのストローカーだが、もともとは片手打ちだったフォアをセレスとグラフの全仏決勝戦を観た翌日から両手打ちにしたそうである。ヴィーナスは強烈なサーブとストローク、長いリーチと高い身体能力を生かしたネットプレーとコートカバーリングで上位シード選手たちを破って決勝戦を迎えた。  勝敗の要因は2つあったと思う。1つはヴィーナスのサーブと... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/07/09 23:36
07 全英テニス女子 サンタンジェロVS森田
 予選を勝ち上がった森田とサンタンジェロ(イタリア;世界ランキング29位)の試合をテレビ観戦した。森田選手は17歳で、日本期待の新鋭と紹介されて解説の坂井利郎氏と実況アナンウンサー氏の期待も高かったようだ。  坂井氏はサンタンジェロを「イタリアの選手なので芝は得意でないかもしれない」と言っていたが、180センチ超の身長とリーチを活かしたサーブとネットプレーが有効で第1セットは6−1でサンタンジェロが取った。彼女のネットプレーは超1級とは言えないが、そつなく、つぼを押さえたものだった。バック側に... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/06/28 16:19
石原慎太郎の奴隷都政を再起動させた07年都知事選C
 今回の都知事選におけるマスコミの影響力を考えてみたい。去年後半に石原のスキャンダルが噴出したが、日本テレビは「いつ見ても波乱万丈」?だったかなで、石原のダークサイドを隠して美化した半生を紹介したようである。また、フジテレビは「東京マラソン」なる石原の選挙対策用イベントを生中継して盛り上げていた。来訪者から金をむしりとることしか考えていないような名所であるお台場などをゴールに設定したフジテレビ仲良しマラソン大会は、全く異様であった。一言でいうと「ヤラセ」なのだが、「ヤラセ」に慣れすぎて、「ヤラセ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/05/15 02:49
政権交代のために
 自民党の中川幹事長がまた面白い発言をしたそうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2007/02/20 00:54
崩壊が加速する安倍政権
 安倍内閣の支持率36.4%、不支持率52.2%という結果は、フジテレビの番組”報道2001”が2月11日に公表した首都圏の成人男女500人を対象とした世論調査のものである。回答者が少ない印象はあるが、それでも充分参考にはなるだろう。地方と比べる経済的に潤っている都市部の支持率であるが、公共工事を減らされ続けて、三位一体改革?で歳入が減った地方での支持率にも興味があるところだ。  不支持率上昇の理由は閣僚のスキャンダル(本間前政府税制調査会会長もいたか)、問題発言とその対応、また国民が望んでも... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/02/12 23:23
野党は堂々と審議拒否をすべきである
 野党の審議拒否について、読売新聞の社説が何やら批判をしていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 14

2007/02/07 03:43
一線を越えなかった江原啓之
 江原啓之氏はスピリティアルカウンセラーとしてテレビ出演、出版で活動しており、現在、「週刊現代」に連載をもっている。1月20日号では、「安倍晋三のオーラと日本の行方」という題で、安倍晋三について語っているのだが、生臭い話題だけに考えさせられる内容だった。  江原氏は以下のように語っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 14 / コメント 0

2007/01/28 23:55
愛国装置
 最近のマスコミには、今までどこに隠れていたのだろうと思うほど多くの国家主義的な愛国主義者の方々が出ている。年配の方々などには、戦後の高度成長期や、倦怠感さえ漂っていたバブル期には、どうされていたのだろうと無用な想像を働かせてしまう。世界中の不動産を買い漁った日本企業の躍進に国家主義的陶酔を感じていたのだろうか?それとも、「こんなに退廃的ではイカン」と静かに憤っていたのだろうか?まあ、多くの方々にとっては現代的な流行であり、経済的な利益に結びつくのであろう。  しかし、彼らの特徴として、パブロ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 7

2007/01/11 00:05
小泉純一郎は逃亡犯
 小泉から政権を譲り受けた安倍晋三の支持率が少しつづ下がってきているようだ。一般的な日本国民にとっては喜ぶべきことであるが、まだまだ手ぬるい。安倍が様々な悪法を成立させたのは小泉から譲り受けた圧倒的な議席数のおかげだが、その引き換えに小泉の責任追及は控える密約でもあったのではないかと思うほど、小泉純一郎の姿がまったく見えない状態に違和感を覚える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/12/27 16:30
民放キー局のニュースは、お猿の電車
 12月15日は国会も大詰めで、与党が推す教育基本法の改正、防衛庁の省昇格、それに対抗する野党の安倍内閣不信任決議案など、今後の国政と国民生活に大きな影響を与えるニュースがあった。そこで国民にとって重要なニュースを伝える使命を持つ社会の公器、テレビ局の仕事振りを、本日の主要テレビ局の昼と夕方のニュースの構成(放送順)から見ることにする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2006/12/16 02:58
沖縄県知事選挙における野党共闘の評価と今後への期待
 結果的には敗北したが、沖縄県知事選で民主党、共産党、社民党,国民新党等の野党が協力して1人の候補者を応援したことを高く評価したい。党の基本理念や政策方針などを無視した行動という者もいるようだが、政治の現状を見ればそのような小異に執着する必要はない。基本的人権や主権在民という民主主義政治のシステム自体を麻痺させている自公政権を倒すことが最優先課題である。  選挙結果については、3候補者の総得票数、約66万票の内の17パーセントにあたる11万票が期日前投票をされていることに注目したい。期日前投票... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 13 / コメント 1

2006/11/23 14:08
君死にたもうことなかれ
 最近、学生の自殺が多発しているが、全く無残なことである。学生ばかりか、いじめによる自殺があった学校の校長まで自殺しているのは、とても個人的な問題にとどめておけない制度的な欠陥があるのだろう。しかし、このように学校関係の自殺が連鎖反応的に発生したのは別の理由もあるものと考えている。  いわゆる安倍政権の教育改革に合わせて、マスコミから大量に流された学校に関するスキャンダル報道に、いじめによる自殺に関するものも含まれていた。現在の学校関係者や機構を攻撃するための報道なので執ように否定的なものだっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/14 01:45
小泉インチキ劇場の開幕
 タウンミーティングにおける「やらせ」が明らかになったが、これは日本国民にとって喜ぶべきことである。今まで明らかにならなかったことが不思議ではあるが、国民と対話して理解を深めるなどという触れ込みが実は世論操作の場であったならば、国民はそれを知らなければならない。小泉が推し進めていた所謂”改革”に賛同して参加した方、政治に興味をもって参加した方、御自分の意見を政治の場に届けたいと思って参加した方等がおられるだろうが、政府を擁護する意見が仕込まれていたとは思いもしなかったであろう。そして、このインチ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/11/12 03:23
北朝鮮にもユーモアが
 北朝鮮が「日本は6ヶ国協議に参加する必要がない」とのコメントを出したが、理由がなかなかふるっている。各社ニュースから抜粋すると、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 0

2006/11/05 01:08
郵政民営化に関わる自民党復党問題の愚
 郵政民営化に関して、自民党を離党させられた議員の復党問題が報道されているが、語るのもはばかれるほどの馬鹿馬鹿しさである。メディアの論調として、「もし復党を許したら、あの選挙はなんだったのか?」また、「郵政民営化に賛成と投票した有権者を馬鹿にしているのではないか」という声もあるようである。これについて答えるならば、「あの選挙は不要で全くの茶番であった」、また「郵政民営化に賛成と投票して、復党で馬鹿にされたと感じる有権者は、選挙期間中から馬鹿にされていたのだ」となるだろう。  メディアは、自分た... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/29 02:20
「低IQを狙え」 by 小泉純一郎
 2005年に郵政民営化法案は可決された。ご存知の方も多いと思うが、政府が民間?のマーケティング会社に作成を依頼した資料「郵政民営化・合意形成コミュニケーション戦略」が郵政民営化キャンペーンで使われた。旧聞に属するが、この資料が現政府の政策キャンペーンについて理解する参考になるかと思い紹介する。  資料は全15ページに渡り、以下の内容である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/12 02:44
亀田大毅はチョコの食べ過ぎ?
 亀田次男(17歳)とサンチェス(36歳;メキシコ)の一戦をテレビで観た。サンチェスは、長身でリーチがあり突き刺すようなフックを放っていたが、ジャブも含めてパンチは多彩で手数も多くフットワークも良かった。ただ、自分がパンチを打った時に、反対側の腕で固めるべきガードが甘かったように思う。対する亀田次男は、長男と同じく両腕も耳の高さまで上げて頭を下げた体勢から、フックを打つというスタイルだった(亀田スタイルと言うそうだ)。ただ、長男よりもフットワークがなく、ほとんどベタ足で立って前に出ているように見... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/28 02:14
あの声は、小泉純一郎か九官鳥か?
 「一つの問題で意見が違うから会わないと言っているのは私ではない、中国、韓国の首脳だ。将来、まずいことをしたと中韓も思うようになる」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3

2006/09/13 02:26
小泉ヤクザ政治の協力者たち
 小泉のやりたい放題を可能とするために協力してきたのは、検察、マスコミ、宗教である。  検察については、鈴木宗男氏の国策捜査が有名になったが、田中真紀子氏、辻本氏、橋本派の一億円処理問題、また冤罪の可能性が高い植草氏など、小泉政権に都合の良い逮捕、捜査が続き、当初は「小泉は悪運が強い」などとマスコミも言っていた。しかし、あまりにも露骨に続いたため、現在そのように言うのは小泉自身だけという状況である。  次に、マスコミであるが、フジサンケイグループは首相就任当初から、よみうりグループはアフガン... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/04 02:18
インチキ亀だった亀田興毅
 世界タイトル戦で初めて亀田の試合を観た。亀田勝利の判定結果には本当に驚かされたが、TBSの金の力かと改めて不快になった。  リング上の亀田は、よほど打たれ弱いのか、両手を耳の高さまで上げて頭を下げてガードをかためるスタイルが、まるで亀が首を引っ込めたようだったので名は体を表すの好例だった。しかし、このスタイルではジャブなどの多彩な技は望むべくも無く、相手からいいように打たれていた。数少ない亀田のハンチはフックが多く、それだけで相手を倒せるようにはとても見えなかった。それにあれだけ頭を下げると... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 6 / コメント 0

2006/08/03 00:35
浮遊する小さなコップの自民党
 自民党の総裁戦が始まったとのニュースを見た。おそらくは丸暗記したであろうことを話すだけの安倍晋三と、知性とバランス感覚もあり真面目そうな谷垣氏(よく小泉内閣に入ったものだ)に、口が悪い麻生氏が出馬するそうだ。ろくな人材がいないと思うのだが、現在の自民党に残っているのは右寄りの森派と、それに屈したその他議員であり、いくらマスコミが盛り上げようとしても小さなコップの中の争いでしかない。日本経団連のセミナーで小泉がヘラヘラ笑っていたように、小泉路線の継承者を決めるだけで、たいしたものではないのだ。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/29 02:52
パフォーマンスと本音を横目に、外国に期待
 北朝鮮のミサイル事件から国連安保理の決議騒動だが、「日本が頑張って決議にこぎつけました」と何故か満足しているマスコミが不気味だ。安倍、麻生、額賀の断固な強硬パフォーマンスを見ると、多くの国民が安心すると思ったのか、パフォーマンスの垂れ流し状態だったが、当方には単なる頑固者にしか見えなかった(あれを見て安心するのは宗教に近いな)。軍備増強、先制攻撃という本音が出た時には、彼ら雇い主である国民の生活を守るためにもっと地道な外交交渉が必要と思いながらも、地道な活動と言うのはやっぱり商売にならないのか... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 1

2006/07/19 15:26
田原氏と岸井氏の正しい聞き方
 ジャーナリスト?田原総一郎と政治評論家、岸井成格(TBSに出演)の話を聞く場合に、予備知識として知っておいたほうが良いと思われることをお知らせしたい。  田原氏は、小泉が首相に就任後、サンダープロジェクトでゲスト出演した高市早苗に対する南京大虐殺に関する発言から右翼に抗議されたが、自民党の森前首相の仲介で手を打った。それからは、森派の小泉応援団としてその名を轟かすようになった。  その田原氏は、田中真紀子氏との対談において、「05年の衆院選の勝利はマスコミの影響が大きかった」との田中氏の発... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/07/09 01:30
Love me tender に感謝する男 小泉純一郎
 6月29日深夜に生中継された日米首脳会談における共同記者会見の様子をお伝えしたい。まずブッシュ大統領と小泉首相が会談内容についてそれぞれ語って(マスコミが詳細を報じるだろう)から、4人の記者の質問を受けた。  まずブッシュに対して、外国人(米人?)記者が、キューバにある米軍の収容所についての米連邦最高裁の判決について質問した。次に日本人記者が北朝鮮のテポドンについて尋ねて両氏がそれぞれ答えた。3番目の質問は再び外国人記者から米連邦最高裁の判決について(小泉氏はかやの外)、そして4つめ質問は日... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/30 15:00
小泉へのブーイングを聞かせない罪
 今年の4月3日に、小泉首相が金メダリストの荒川静香とサントリーホールでオペラ「トゥーランドット」を観た時のことである。ご存知の方もいらっしゃると思うが、マスコミが全く報道しなかった事実があった。入場した2人に対する長く大きいブーイングである。もちろん、そのブーイングは荒川選手へではなく、小泉だけに向けられていた。これ以降、小泉は不特定多数の国民の前でのパフォーマンスは控えているように思う。  画像は見せてブーイングを聞かせなかったマスコミは何を考えているのだろう。以前、観衆(ほとんどは学会員... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/25 03:20

トップへ | みんなの「マスコミ」ブログ

君よ憤怒の河を渡れ マスコミのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる