アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「政治」のブログ記事

みんなの「政治」ブログ

タイトル 日 時
結界が破れてしまったような日本の現状
 国民の多くが期待した民主党による政権奪取から4年、既得権益を守るべく張られたネガティブキャンペーンを経て、自民党が復権した現在、戦前日本の指導層の責任追及に対して「日本に階級史観はそぐわない」と言い放つ”1億火の玉”首相、安倍晋三の登場により、日本は葬ったはずの魑魅魍魎が我が物顔で歩き回り、個人という境さえ曖昧な状態になりつつあるようにみえる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/22 02:35
消費増税という景気悪化策が推進される謎
 ”ジョジョの奇妙な冒険”に出てくる石仮面をかぶっているような野田総理が、その政治生命をかけて取り組んでいるといわれる消費増税法案の成立だが、デフレ、円高、株安という現在の景気悪化局面で消費増税だけに注力する理由がわからない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/06/13 01:12
「ニュースウオッチ9」にみるNHKの愚かさの証明
 昨日、NHKで平日夜9時から放送されている「ニュースウオッチ9」に、野田首相との会談を昼間行なった小沢一郎が出演していた。大越キャスターの質問に答える小沢氏の様子は泰然自若というのか、自信にあふれた様子だったが、それと対照的だったのが大越キャスターである。様子だけではなく話の内容を吟味すれば、このような人物が国営放送のキャスターでいることが日本国民として恥ずかしくなる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/06/01 01:40
民主党所属の衆議院議員は、菅を支持する愚かさを学んだか?
 今週中に自民党が、内閣不信任決議案をようやく提出するようだ。議席数の計算では、305人いる民主党の衆議院議員の中から、81人が賛成すれば過半数に達して可決される。たとえ81人が賛成したとしても、残りの224人は菅を支持するというのだから、まったくつける薬がない愚か者の集団だと思うのだが、いやはや何を考えているのか公表してもらいたいくらいだ。  決議案へ賛成されることを恐れて、岡田、仙石、前原などなどのやさぐれ政治家が同僚議員の皆さんを脅しつけている。岡田氏は「造反は離党を覚悟してするべきだ。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/05/31 01:58
東日本大震災後の菅首相とマスコミとキャンペーン
 東日本大震災が3月11日に発生してから1カ月余りが過ぎた。震災後に見られた奇妙な現象について振り返ろうと思う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/04/17 19:25
"脱小沢”の不毛
 9月に行われた民主党の代表選挙で、小沢氏が破れ菅首相の続投が決まった。さらに、検察審査会の2度めの決議で小沢氏の強制起訴が行われる予定になっている。  検察審査会に呼ばれた一般人11人は、経緯はともかく、一定期間にわたり小沢氏の政治活動を妨害するという点で、日本国民を奈落の底に突き落とす決定をしたことになった。政権与党である民主党が”脱小沢”になったら、何も期待できないだろう。菅首相とその取り巻きである、仙石、前原、野田、岡田などの言動を見ていれば、「こういう連中がリーダーでいたから、いまま... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/10/27 01:17
菅直人を首相から引きずり下ろす小沢一郎の出馬
 約3週間後に行われる民主党の代表選挙に、小沢一郎氏が立候補することになった。日本にとって久しぶりと言っていいくらいの明るいニュースである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/08/27 01:38
朝青龍と小沢一郎の進退を比較する方々
 本日午前中の国会予算審議をテレビで見る機会があった。自民党の後藤田正純議員が、先日大相撲を引退した朝青龍と、不起訴になり幹事長に留任した小沢一郎を比較した一節を聞いた。いわく「強く人気もある大横綱の朝青龍が潔く身を引いて、相撲協会も自浄作用を働かせた。それに対して秘書が逮捕、起訴された小沢一郎氏は自らが不起訴だからと言って辞めないのか」との内容であった。これと同様のことを言った政治家を2人知っている。一人は小泉純一郎の息子の小泉進次郎氏と、渡辺ミッチーの息子で「みんなの党」代表の渡辺氏である。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/13 01:04
検察を司法と信じる上の空
 最近の一連の報道等を見ると、検察のリークをまるで最高裁判所の判決のように取り扱う方々が多いことに驚く。検察発の噂を材料に三権分立を語るにいたっては噴飯ものである。言うまでもなく日本は三審制(地裁、高裁、最高裁)をとっており、被告の権利を保証するために弁護人をつけることが義務付けられている。当然のことながら、検察が起訴したからといって全てが有罪になるわけではない。実際、最近も特捜部が立件した裁判で無罪が確定している(西松建設事件もおそらく無罪になるだろう)。  今回の騒動にもかかわらず、民主党... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/20 01:47
忠犬たるべき検察が、番犬変じて狂犬と化す。
 昨日、東京地検特捜部が与党幹事長小沢一郎の元秘書で現衆議院議員の石川氏を逮捕した。土地取引に使われた資金の出所がゼネコンからの不正な賄賂だったのでないかとの憶測に基づく、政治資金規正法違反の容疑だそうだが、様々な事情から考えると恣意的な権力の行使としか言えない。何やら去年の夏にどこぞの建設会社の幹部から聞いた話をもとに捜査を進めたが、何の証拠も見つからないために打つ手が無くて逮捕したようだ。このような逮捕を認める裁判所も含めて、前政権までの長期にわたる政権独占がいかに民主主義に有害であったかが... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/16 20:25
政権交代後の風景
 2009年8月30日の衆議院選挙における民主党の圧勝により、自民党と公明党による政権は終わりを告げた。政官業の癒着を突き詰めて日本の経済に大打撃を与えた自民党と、その延命装置として働く代わりに国民の代表を気取る権利を得ていた宗教政党は歴史的な敗北を喫したのだが、3か月を過ぎた現在の両党の凋落ぶりも含めて、国民が目にする風景は大きく変わった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/11 21:18
小沢代表の辞任で政権交代は正念場へ
 5月11日に、民主党の小沢代表が辞任会見を行ったが、さばさばしたというか辞任前よりもさらに政権交代への強い意欲を感じさせるものだった。その目的が、検察とマスコミによる攻撃が民主党の目指す政権交代に与える影響を取り除くためであることは明らかである。数日後に党首会談の予定が組まれてはいたが、小沢氏からすれば麻生首相は全く配慮する必要がない相手なのだろう。討論する暇があるなら選挙をやってもらいたいものだ。  野党の党首を狙い打ちした今回の検察の行動には驚かされた。小泉の政敵を次々と葬りさっていたこ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/13 01:01
麻生太郎首相の正直は美徳である
 10日夜に、麻生首相は郵政民営化に関して、国民が選挙時に理解したのは”民営化”だけであり、”4分社化”については了解どころか理解していなかったとの旨の発言をしたそうである。記事では、民営化と4分社化を分けて、4分社化の見直しに言及したここ数日の発言を正当化した可能性を指摘していたが、残念ながらその指摘は的外れでだろう。  麻生首相の認識は全く正しい。2005年の衆議院選挙は、小泉純一郎を先頭とする著名人とマスコミのちんどん屋集団に、見入ってしまった約半数の国民が、よく内容も理解できなかった民... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 5

2009/02/11 01:24
自民党と公明党の強盗政治
 国民の支持率が20%を切る内閣が行政に必要な国家権力を行使しつづけている現状は、税金として託された国民の資産を不当に入手しているに等しい。強盗政治である。福田、町村、伊吹、大島、北側らの表情と言葉をよく憶えておこう。自己中心的な理由で、犯罪に等しい行為に手を染めながらも、開き直って自己正当化ができる自分に酔ってでもいるような表情を思い出せば、愚かな犯罪者を判別することが必要な時に役立つだろう。  一ヶ月ほどくらい前であろうか、朝日新聞で編集委員の星という方のコラムを読み、共犯者としてマスコミ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/07 00:07
そのまんま東国原知事を出演させる「オーラの泉」の危うさ
 1週間ほど前に、テレビ朝日の番組「オーラの泉」に宮崎県知事の東国原氏が出演していた。この番組の中で以下の内容が放送された(一部だが)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 1

2008/04/14 00:47
民意を反映する日本の政治状況
 07年参議院選挙で野党が多数を占めて以来、日本の政治状況はマスコミが言うところの”ねじれ国会”で”政争の具”云々等等と、以前に比べて賑やかな様相を呈している。小泉純一郎や安倍晋三などのパフォーマンスをダラダラと報道していた頃が、独裁政治の平穏とでもいう状態であったとすれば、現状は民主政治の躍動と言えよう。自公政権の愚にもつかない法案や提案を、野党が成立を阻み、拒否する様は、政治状況に国民の意思が反映されており、選挙制度のありがたみを感じる。    ガソリン税の暫定税率については、理由がよく... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/03/25 00:48
早く来い来い総選挙
 参議院選挙で大敗しながら、必死に政権にしがみつこうとする自民党の面々の言動をみていると、この方々は一体全体、何のために頑張っているのだろうと思う。防衛利権の話などから察するに、自民党の皆さんは政権を握ってきたことで、さぞかしおいしい思いをしてきたのだろう。防衛省職員の言動を嘆き、規律を云々する石破大臣などは、ご本人はうまくごまかしているつもりかもしれないが、自分の責任をパートになすりつけようとした船場吉兆の役員と変わりはしない。  いまだに他国の軍隊に燃料を供給することに躍起になってる福田内... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/08 01:14
シンガポールで改革を叫ぶ小泉純一郎
 11月13日にシンガポールで開かれた国際会議に、米国大手証券会社の招きに応じて小泉純一郎が約40分の演説を行ったという。その一部は当方もニュースで見たが、全くあきれる内容だった。  彼は、野党が優勢な現在の日本の政治状況について、「国民は自分が行った改革を否定しているのではなく、さらなる改革を欲しており、その結果である」との旨、発言していた。そして構造改革の重要性を説いたという。大手証券会社とは、メリルリンチかモルガンスタンレーだろうが、たんまり謝礼をはずんだことだろう。小泉が日本で行った構... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/11/21 22:47
変わる小沢を受け入れる民主党なら期待が持てる
 ここ一週間ほどの、民主党代表小沢一郎の辞任問題はまったく大した騒動だった。豪腕といわれた小沢氏が組織内で自分より地位が低い者の意見を受け入れて続投するという変化をみせたのは、本人も会見で触れていたが、自分が変わらなければと代表就任時にぎこちない笑顔を浮かべていた様子を思い起こさせた。今回は、読売と自民党の詐欺師集団に嵌められたが、何とか持ちこたえたようで、政権交代を希望する方々は一安心であろう。  辞任会見では民主党への批判も出たが、民主党の関係者は叱咤激励と思い、精進してもらいたいものだ。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/11/09 02:08
スピリチュアルな小泉純一郎論 by 江原啓之&美輪明宏
 数ヶ月前に、江原、美輪の両氏がゲストを迎える「オーラの泉」という番組に小泉純一郎の息子である小泉孝太郎が出演していた。オーラ、霊、前世など超常現象的な見方で、ゲストに応対する番組だが、世襲政治家に関する説明等、なかなか興味深い内容だった。   政治家の中で大臣や、総理になる者には霊が力を貸して後押してる場合が多いとの説明であった。例えば、小泉純一郎が首相になったのは、彼の父である小泉純也の霊 が力を貸したそうである。小泉純也は議員在任中に肺ガンで急死した。無念の思いで死んでいった彼の霊が現世... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 6 / コメント 0

2007/10/23 01:13
朝青龍には廃業しか道がない
 仮病でモンゴルに帰国したことが公になった朝青龍が来日後、マンション12階にある自宅にろう城を始めてから20日になろうとしている。何人もの医者に診断らしきものをされたり、数度におよぶ親方からの投降の説得にも応じずに、周りが騒ぐばかりなのだが、朝青龍の母国モンゴルでは日本大使館の前で、「朝青龍の人権を侵害しないように」との笑い話としか思えない抗議が真面目に行われているようで驚かされる。おまけに「朝青龍を帰国させないと日本とモンゴル両国の関係に悪影響が出る」などと恫喝まがいのセリフをはく者まで出てく... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 4

2007/08/18 02:22
”マダム寿司”小池百合子と”案山子総理”安倍普三
 小池百合子防衛大臣が米国でライス氏と記者会見をしている様子をテレビで見た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2007/08/12 02:48
安倍晋三を支える「美しい党」自民党
 先日の参議院選挙で大敗を喫しながらも、「”責任”は私にありますが、総理に就任した時の”約束”を果たすのが”使命”でございます」だったであろうか?とのたまう安倍晋三が総理続投宣言をすれば、挙党態勢で支えようとする自民党はまったく奇妙な団体である。  もっとも、前回の選挙で公認を得るためには、「党の方針には従う」旨の誓約書を書かされていたから、表立って批判もしにくいのだろう。安倍晋三以外の責任者(幹事長等)は皆やめるし、閣僚も一掃するそうだから、”安倍の神様”とでもいうような存在なのだろうか?安... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2007/08/01 23:22
自民党の大敗前に株価暴落
 「自民党が敗れれば、景気が悪くなる」との珍説を、自民党の面々が選挙演説で唱えているようである。  NYダウが史上最高値14,000ドルを達成した7月19日以来7営業日で700ドル(5%)下げているが、ここ2日で500ドルの急落をみせたことから不安を誘っている。一方、日経平均は対照的に18,000円近辺をうろつく冴えない展開を見せていたが、ここ2日は約3%の下げを見せている。自民党の敗北はすでに、株価に織り込み済みであろう。実際、日本、世界経済の関心事は、自民党敗退など言う瑣末なことではなく、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/07/28 20:47
石原慎太郎の奴隷都政を再起動させた07年都知事選D
 07年の都知事戦と沖縄参院補欠選挙においては、自公政権が推す候補に対立する候補への誹謗中傷がインターネットの掲示板に大量に投稿された。毎日新聞の報道では、その量から組織的な行動であるとされていた。その後、捜査に関する情報に触れる機会はないが、政権が変われば何か明らかになるのかもしれない。  ネット上の選挙運動の効果はさておき、都知事選において石原陣営は「反省」戦術を取ったといわれている。2007年5月3日の朝日新聞によると、選挙コンサルティング会社「アスク」の社長である三浦博史氏は   ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/07/24 22:37
年金と税金が政治を身近にする
 ”消えた年金問題”と住民税増税によって、多くの国民が自ら役所へ足を運んだり電話で問合せをするなど、行政と立法に関心を持つ機会が増えたようでまったく喜ばしい。マスコミの宣伝文句や、政党政治家のプロパガンダではなくて、正に国民的な関心を呼ぶ問題である。小泉純一郎が首相になった当時、「政治が身近になったように感じる」などと街頭で答えている市民の映像を見た記憶があるが、正確に言えば「身近に感じさせるように練られた演出を楽しんだ」であろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/26 01:49
自衛隊の情報保全隊; 猛犬注意
 陸自の情報保全隊が国民の監視活動を行なったことが問題視されている。イラク戦争に反対すれば反自衛隊活動となり、さらにイラク戦争と関係ない政治活動も監視対象としていたという。薄気味悪い活動が明らかになり、自衛隊に対する見方が変わった。  どうもここ数年の印象では、災害地の救助活動に励む自衛隊員の姿へは感謝を、また小泉が米国へ忠義立てするためにイラクへ送られて狭い場所に閉じ込められながらも任務として雑事をこなす姿に対しては同情の念を抱いたりしていた。しかし、今回の暴露によって自衛隊が単なる戦闘集団... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/06/13 02:11
有害な政権を擁護するための論法
 参議院選挙に向けての準備だろうか、自公政権が行なってきた国政運営を正当化しようとする諸説が巷に流れ出しているようだ。  民主党が掲げる”格差是正”に対して、町で見かける”○○に活力!! 成長で活力!!"だったかな(○○には県名などが入るようだ)という自民党のポスターでは、安倍晋三が右のこぶしを振り上げていたようだ。成長するためには競争が必要であり、格差是正などしていたら成長できなくて経済も活性化しないと言いたいのだろうが、残念ながら最近発表されている経済指標は日本経済の停滞を示している。どち... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2007/05/22 03:40
石原慎太郎の奴隷都政を再起動させた07年都知事選C
 今回の都知事選におけるマスコミの影響力を考えてみたい。去年後半に石原のスキャンダルが噴出したが、日本テレビは「いつ見ても波乱万丈」?だったかなで、石原のダークサイドを隠して美化した半生を紹介したようである。また、フジテレビは「東京マラソン」なる石原の選挙対策用イベントを生中継して盛り上げていた。来訪者から金をむしりとることしか考えていないような名所であるお台場などをゴールに設定したフジテレビ仲良しマラソン大会は、全く異様であった。一言でいうと「ヤラセ」なのだが、「ヤラセ」に慣れすぎて、「ヤラセ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/05/15 02:49
石原慎太郎の奴隷都政を再起動させた07年都知事選B
 今回の都知事選において、黒川記章氏は異色の存在だった。世界的に有名な建築家で、著作も多数にのぼる方だそうだが、政治家としては全く未知数である。結果として、得票数は159,126票で有効投票数の2.9%であった。得票数からすると、東京における知名度はあまり高くなかったということだろうか。  彼が共生新党のホームページで述べているマニュフェストを見ると、築地市場移転の反対、五輪誘致反対、都心の高層化、集中化の反対、地域のコミュニティーの活性化、防災対策促進など、反石原を鮮明にしているのだが、彼の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/05/07 02:43
石原慎太郎の奴隷都政を再起動させた07年都知事選A
 07年の都知事選挙について、石原慎太郎の圧勝であったとの報道を行なった一部のメディアは、下記の投票結果に見られる石原と浅野氏の得票差約110万票に注目した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2007/04/22 02:52
石原慎太郎の奴隷都政を再起動させた07年都知事選@
 2007年4月8日に行なわれた都知事選挙において、石原慎太郎が浅野史郎、吉田万三、各氏をやぶり、三選を果たした。その投票結果も含めて、要因を見ていきたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/04/21 04:23
そのまんま”危険な”東国原知事
 元芸能人”そのまんま東”氏が宮崎県知事に当選してからのマスコミの騒ぎようには尋常ならざるものがあるように感じる。その言動には、無責任な御笑いタレントとしかいいようがない面もある。しかし、今回は彼のマニュフェストから、宮崎県の将来を予測したいと思う。    ホームページ上の彼のマニュフェストでは、まず、@将来の生活向上のための投資としての政策として、農林水産、観光、ものづくりの振興、企業誘致、県外からの移住促進、社会基盤整備(公共工事)をあげている。次にA今の暮らしの充実のための政策として、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 2

2007/04/07 03:47
東京マラソン改正案
 2007年2月18日に行なわれた東京マラソンについては、多くのメディアが大成功と報道していたが、様々な問題があったように思う。そこで、東京にふさわしいマラソン大会にすべく、改正案を検討したい。  まず、コースについてだが、都庁前というスタート地点にした目的は、都庁舎をバックに市民ランナーを見下ろして手を振る石原慎太郎をテレビに映したいというだけであろう。高層ビル以外は無いような吹きさらしで3万人を待たせたためか、600個の仮設トイレを準備したそうだが、1万円もの参加費を払った市民ランナーの皆... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/04/01 04:56
「株式新聞」的な世界
 「株式新聞」とは、株式投資家と投機家のための専門誌である。定価は180円で、全20ページ中の10ページ近くは株式に関する数値データが占める。記事は当日の証券市場の商い状況と短期、中期的な見通しや、有望な銘柄の紹介などである。  読者が株式市場で利益を出すのに役立つ情報を紹介するという目的に特化した専門誌なので、当然ながら、その記事は通常の新聞とは全く異なる傾向がある。それらの特徴を以下に紹介する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 13 / コメント 0

2007/03/03 03:27
政権交代のために
 自民党の中川幹事長がまた面白い発言をしたそうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2007/02/20 00:54
崩壊が加速する安倍政権
 安倍内閣の支持率36.4%、不支持率52.2%という結果は、フジテレビの番組”報道2001”が2月11日に公表した首都圏の成人男女500人を対象とした世論調査のものである。回答者が少ない印象はあるが、それでも充分参考にはなるだろう。地方と比べる経済的に潤っている都市部の支持率であるが、公共工事を減らされ続けて、三位一体改革?で歳入が減った地方での支持率にも興味があるところだ。  不支持率上昇の理由は閣僚のスキャンダル(本間前政府税制調査会会長もいたか)、問題発言とその対応、また国民が望んでも... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/02/12 23:23
野党は堂々と審議拒否をすべきである
 野党の審議拒否について、読売新聞の社説が何やら批判をしていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 14

2007/02/07 03:43
正論を述べた小沢一郎
 29日に行われた国会代表質問において、民主党党首の小沢一郎は「政治は社会的な弱者のために行われる」との基本理念を明確にした。従業員の3分1が非正規雇用、4分の1の家計に預金がない等、具体的にわかりやすく社会的弱者が増えつづけている国民の現状を訴えて、国による富の分配調整の必要性を説いた。そして、「本来、社会的強者に対しては、国が援助する必要はない」としてオープンでイノベーションな上げ潮経済(添加物まみれのスナック菓子のようだ)を目指す安倍政権との違いを強調した。  また国民の政治不信を払拭す... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 1

2007/01/31 11:53
一線を越えなかった江原啓之
 江原啓之氏はスピリティアルカウンセラーとしてテレビ出演、出版で活動しており、現在、「週刊現代」に連載をもっている。1月20日号では、「安倍晋三のオーラと日本の行方」という題で、安倍晋三について語っているのだが、生臭い話題だけに考えさせられる内容だった。  江原氏は以下のように語っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 14 / コメント 0

2007/01/28 23:55
続 愛国装置
 先日いただいたコメントの中に「自分のコメントを読者の判断材料にしてほしい」旨の要望が含まれていたので、取り上げてみたいと思う。コメントの内容については、若干の解説が必要と判断した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/15 17:41
愛国装置
 最近のマスコミには、今までどこに隠れていたのだろうと思うほど多くの国家主義的な愛国主義者の方々が出ている。年配の方々などには、戦後の高度成長期や、倦怠感さえ漂っていたバブル期には、どうされていたのだろうと無用な想像を働かせてしまう。世界中の不動産を買い漁った日本企業の躍進に国家主義的陶酔を感じていたのだろうか?それとも、「こんなに退廃的ではイカン」と静かに憤っていたのだろうか?まあ、多くの方々にとっては現代的な流行であり、経済的な利益に結びつくのであろう。  しかし、彼らの特徴として、パブロ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 7

2007/01/11 00:05
小泉純一郎は逃亡犯
 小泉から政権を譲り受けた安倍晋三の支持率が少しつづ下がってきているようだ。一般的な日本国民にとっては喜ぶべきことであるが、まだまだ手ぬるい。安倍が様々な悪法を成立させたのは小泉から譲り受けた圧倒的な議席数のおかげだが、その引き換えに小泉の責任追及は控える密約でもあったのではないかと思うほど、小泉純一郎の姿がまったく見えない状態に違和感を覚える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/12/27 16:30
法人税減税は労働者のため?
 18日夕方のテレビ朝日のニュース番組で、「実感なき景気回復」という特集をやっていた。民放キー局のニュースをまったく信頼していない当方だが、この特集はなかなかよくできていた。10年以上前から自民党が米国の要求に応じて規制緩和を行ってきたことを紹介して、その結果生まれたのが、現在の「国民の大多数が景気回復を実感できない社会」であると解説していた。この特集に、安倍政権の経済財政諮問会議のメンバーである伊藤隆敏氏(東京大学)のインタビューが入っていたが、その発言に驚かされた。  企業減税を行い、国民... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/12/21 01:45
民放キー局のニュースは、お猿の電車
 12月15日は国会も大詰めで、与党が推す教育基本法の改正、防衛庁の省昇格、それに対抗する野党の安倍内閣不信任決議案など、今後の国政と国民生活に大きな影響を与えるニュースがあった。そこで国民にとって重要なニュースを伝える使命を持つ社会の公器、テレビ局の仕事振りを、本日の主要テレビ局の昼と夕方のニュースの構成(放送順)から見ることにする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2006/12/16 02:58
みのもんたも応援する安倍晋三
 13日朝にTBSテレビにチャンネルをまわしたら、安倍晋三の支持率低下に関連したニュースを読んでコメントしている場面に出くわした。司会者みのもんたと、コメンテーターの岸井成格ともう一人女性がいたが、みのが「まだ3ヶ月しか経っていないのだから、支持率が下がったのもそれだけ期待が高いと思ってじっくり頑張ればいい」などとまとめていた。往年の小泉応援団であった岸井氏も楽しそうに相槌を打っていたが、よほど居心地がいい番組なのか大層リラックスしている様子だった。  みのは一体、安倍晋三に何を頑張ってもらい... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 13 / コメント 0

2006/12/14 00:52
「5年後にお金もちになる!」講演会 06年夏
 今年2006年の夏に某生保が催した上記講演会を拝聴する機会があった。講演者は藤巻健史という会社経営者の方で、以前フジテレビのコメンテーターとして出ているのを見た記憶がある。”伝説のディーラー”としてとても有名な方だそうだが、現役なのに”伝説”にされては気分が悪かろうと思う(無名よりはよいか)。  生命保険会社が投資信託の紹介のため顧客を招待して行なったセミナーなので、会場では初老の定年後、または定年に近いと思われる真面目そうな方を多く見かけた。講演時間は1時間弱だったが、内容は詰め込みすぎと... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/12/06 15:07
”蝿の王” 石原慎太郎を支える奴隷都民
 最近、石原慎太郎のスキャンダルが続出した。一つは独立採算制が求められる都の文化施設(美術ギャラリー;ワンダーサイト)の放漫運営(事業収入1200万円に対して4億7000万の補助金拠出)と不透明人事(石原四男の画家と懇意の建築家夫婦が館長と副館長)、もう1つは海外視察での豪遊(近隣県知事の同出張と比較して5倍近い公金を使用、19回で総額2億4000万なので、約1億9000万の浪費)である。さらに、四男の公費利用の出張や、四男作品の高価購入などだか、まったく恐るべき図々しさである。その成金趣味と見... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2006/12/02 21:42
”筋と情”より”無能と有能”
 郵政民営化法案に関わり自民党を離党した議員の復党問題がなかなか興味深い。生理的な嫌悪感をかきたてる中川秀直幹事長は”筋”だ”情”だとうめいているが、ヤクザ映画の観すぎではないのか?この方の国会演説はまるで右翼の街宣車のようだと感じたが、よく聞くと街宣車のほうがまだウイットがあることもある。上潮に乗って上陸したトド議員(似たのが多い)の意見は別として、政治家としてどちらが有能かと言われれば、離党した議員たちがナントカチルドレンよりも優れていることは認めざるを得ないだろう。アトラクション用のぬいぐ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/11/26 19:53
沖縄県知事選挙における野党共闘の評価と今後への期待
 結果的には敗北したが、沖縄県知事選で民主党、共産党、社民党,国民新党等の野党が協力して1人の候補者を応援したことを高く評価したい。党の基本理念や政策方針などを無視した行動という者もいるようだが、政治の現状を見ればそのような小異に執着する必要はない。基本的人権や主権在民という民主主義政治のシステム自体を麻痺させている自公政権を倒すことが最優先課題である。  選挙結果については、3候補者の総得票数、約66万票の内の17パーセントにあたる11万票が期日前投票をされていることに注目したい。期日前投票... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 13 / コメント 1

2006/11/23 14:08
君死にたもうことなかれ
 最近、学生の自殺が多発しているが、全く無残なことである。学生ばかりか、いじめによる自殺があった学校の校長まで自殺しているのは、とても個人的な問題にとどめておけない制度的な欠陥があるのだろう。しかし、このように学校関係の自殺が連鎖反応的に発生したのは別の理由もあるものと考えている。  いわゆる安倍政権の教育改革に合わせて、マスコミから大量に流された学校に関するスキャンダル報道に、いじめによる自殺に関するものも含まれていた。現在の学校関係者や機構を攻撃するための報道なので執ように否定的なものだっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/14 01:45
小泉インチキ劇場の開幕
 タウンミーティングにおける「やらせ」が明らかになったが、これは日本国民にとって喜ぶべきことである。今まで明らかにならなかったことが不思議ではあるが、国民と対話して理解を深めるなどという触れ込みが実は世論操作の場であったならば、国民はそれを知らなければならない。小泉が推し進めていた所謂”改革”に賛同して参加した方、政治に興味をもって参加した方、御自分の意見を政治の場に届けたいと思って参加した方等がおられるだろうが、政府を擁護する意見が仕込まれていたとは思いもしなかったであろう。そして、このインチ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/11/12 03:23
北朝鮮にもユーモアが
 北朝鮮が「日本は6ヶ国協議に参加する必要がない」とのコメントを出したが、理由がなかなかふるっている。各社ニュースから抜粋すると、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 0

2006/11/05 01:08
郵政民営化に関わる自民党復党問題の愚
 郵政民営化に関して、自民党を離党させられた議員の復党問題が報道されているが、語るのもはばかれるほどの馬鹿馬鹿しさである。メディアの論調として、「もし復党を許したら、あの選挙はなんだったのか?」また、「郵政民営化に賛成と投票した有権者を馬鹿にしているのではないか」という声もあるようである。これについて答えるならば、「あの選挙は不要で全くの茶番であった」、また「郵政民営化に賛成と投票して、復党で馬鹿にされたと感じる有権者は、選挙期間中から馬鹿にされていたのだ」となるだろう。  メディアは、自分た... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/29 02:20
日本の国防費・外交等に関する所感
 当方のコメントにお答えいただいた記事「日本の国防費・外交等に関するコメントの往復!!!」(http://mikitogo.at.webry.info/200610/article_25.html )について所感をお伝えする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/22 04:40
小泉版構造改革紳士録 B
・本間正明(阪大教授: 前経済財政諮問会議・民間議員) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/22 03:14
小泉版構造改革紳士録 A
・田中直毅 (郵政民営化委員長) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/20 03:28
小泉版構造改革紳士録 @
 補選の応援演説で、安倍晋三は「改革に取り組むのは自民党で、組合に支えられた民主党ではない」と言い、中川幹事長は民主党を「公務員天国、労働貴族の党」と揶揄したという。格差社会を肯定して、いわゆる勝ち組を妬むなと言っておきながら、労働組合員と公務員を妬むように煽動するとは呆れる。低所得階級を劇的に拡大したのは、自公政権が行なった構造改革であり、彼らにその責任がある。  先々週の予算委員会において、民主党の西岡議員の質問に答えて安倍氏は「経済財政諮問会議は改革のエンジンである」と答えた。また、外国... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/18 02:20
対話不能な安倍晋三
 北朝鮮に対しては”対話と圧力”と言いながら、北朝鮮が言うところの核実験の詳細も分からぬうちに、「核実験の有無にかかわらず、核実験を行ったという声明を出したこと自体が問題である」と、独自の追加制裁を既に決定して肩で風切る安倍晋三の外交能力を疑う。日本が被害をうける可能性の高さを考えれば、実験の詳細や北朝鮮の内情によって対応を決定する慎重さがあってしかるべきである。しかし、声明直後の対応をみると、必要情報をただちに入手するような諜報網はないと思われるので官邸が何を考えているのか理解に苦しむ。  ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/14 02:08
「低IQを狙え」 by 小泉純一郎
 2005年に郵政民営化法案は可決された。ご存知の方も多いと思うが、政府が民間?のマーケティング会社に作成を依頼した資料「郵政民営化・合意形成コミュニケーション戦略」が郵政民営化キャンペーンで使われた。旧聞に属するが、この資料が現政府の政策キャンペーンについて理解する参考になるかと思い紹介する。  資料は全15ページに渡り、以下の内容である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/12 02:44
AIGオープンテニス 鈴木VSフェデラー&雑感
 AIGオープンテニスの準々決勝、鈴木とフェデラーの試合を第3セットから観た。第1セットを鈴木が、第2セットをフェデラーが取っていて、失礼ながら鈴木が世界ランク1位のフェデラーからセットを奪ったことに驚いた。  見たところ、鈴木のサーブの調子が非常に良かったようだ。スピード、コースもよく、セカンドサーブもスライス気味のもの、回転量を多くしたスピンなど織り交ぜていた。またフェデラーのレシーブの様子を見ると、鈴木はフォームと配球の癖、傾向を読ませない打ち方をしていたのだろう。デビューしたころに見た... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/10/08 02:17
安倍批判に小泉を持ち上げる不見識
 安倍総理の所信表明演説について、民主党の菅代表代行と共産党の志位書記長が発したコメントに違和感をもった。菅氏は「内容は極めてあいまい。小泉前首相の最初の頃の演説は、我々でさえ『この人だったらやるのかな』と思いが伝わってきた」、また志位氏は「小泉さんは迫力を感じたが、それもない」と言ったと報道されている。  彼らは、現在の自公政権が行ってきた政治が国民にどれだけの痛みを与えたか、わかっているのだろうか?また、自分たちが小泉にどれほど馬鹿にされてきたか忘れてしまったのだろうか?当時の民主党代表の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/01 22:56
石原慎太郎に規律を与えるための統一行動
 国旗国歌強制に関する裁判での一審敗訴について、石原慎太郎が行った会見をテレビで見た。「裁判官は都立高校の現場を知らない。真面目に授業を受けているのは前の2,3列だけで、後は弁当を食べたりしている」「国旗国歌への敬意は、規律を取り戻すための統一行動の1種である」等等と言っていた。彼の話からは、全ての都立高の半分以上の生徒には授業をうけるだけの精神的な能力(集中力、知識)が無く、国旗国歌へ敬意を払わせれば授業を受けるだけの規律が戻る可能性があるようにも聞き取れる。  また、”都立高生は、ほとんど... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/09/23 01:15
安倍晋三はオペラ座の怪人(1989年ホラー映画版)
 安倍晋三の発言や政策方針らしきものを読み聞きすると、オペラ座の怪人(1989年ホラー映画版)を思い出してしまう。映画は現代のニューヨークと100年前のパリを結び、悪魔との契約により音楽での名声と引き換えに、醜い容姿を与えられた不死身の怪人を「エルム街の悪夢」のロバートイングランドが演じる、かなり不気味なホラー映画である。歌手クリスチーヌへの想いは他の作品と同様だが、ロマンチックな作品ではない。  安倍氏の発言で最も懸念するのは、第2次世界大戦に至るまでの日本の責任問題に関するものである。政治... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/09/19 03:31
あの声は、小泉純一郎か九官鳥か?
 「一つの問題で意見が違うから会わないと言っているのは私ではない、中国、韓国の首脳だ。将来、まずいことをしたと中韓も思うようになる」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3

2006/09/13 02:26
安倍晋三が敬愛する岸信介と右翼とヤクザ
 安倍晋三が祖父である岸信介に傾倒しているのはよく知られているところであるが、その岸の足跡とその時代をたどることにより、彼がよりどころとした超国家主義について触れてみよう。  岸は1936年から39年にかけて、当時の満州国に文官として赴き、「満州国の統治者」とも言われていた。当時の日本の政治状況は、玄洋社、黒龍会と続く秘密結社の流れに続いて、1919年には、右翼の開祖と言われる頭山と当時の内相の考案により、6万人を超えるヤクザ、超国家主義者たちを会員とした大日本国粋会が発足して、政府、企業の実... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 6 / コメント 2

2006/09/10 01:41
小泉ヤクザ政治の協力者たち
 小泉のやりたい放題を可能とするために協力してきたのは、検察、マスコミ、宗教である。  検察については、鈴木宗男氏の国策捜査が有名になったが、田中真紀子氏、辻本氏、橋本派の一億円処理問題、また冤罪の可能性が高い植草氏など、小泉政権に都合の良い逮捕、捜査が続き、当初は「小泉は悪運が強い」などとマスコミも言っていた。しかし、あまりにも露骨に続いたため、現在そのように言うのは小泉自身だけという状況である。  次に、マスコミであるが、フジサンケイグループは首相就任当初から、よみうりグループはアフガン... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/04 02:18
石原慎太郎を甘やかすべからず
 日本の五輪候補地が東京に決まり、五輪を日本でやる必要はないと思った。都知事の石原は、自らの知事三選への出馬をほのめかしたそうだが、五輪は石原の選挙活動の道具なのか?東京には週に数回しか来ないそうだが、こんな枯れた作家くずれを政治家扱いする必要はない。どこに住んでいるのか知らないが、おとなしく年金生活でも送っていればよいのだ。  以前、銀行税などと言う馬鹿げた政策をとって、結局金利分を加えて銀行に返還したが、金利分を都民に返したかね?また米長などという、いかにも胡散臭い棋士を都教育委員にして、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/08/30 22:51
小泉純一郎のヤクザ政治
 人足と物資を供給する土木請負業「小泉組」から出た又次郎氏(純一郎の祖父)が議員であった1920年代には、当時の2大政党の1つである政友会の準軍事組織として、日本最初のヤクザ全国連合体である大日本国粋会が、また民政党にも同じくヤクザ団体、大和民労会が組み込まれた。その後親分衆が選挙に立候補して当選したそうなので、又次郎氏が全身刺青でも違和感は全く無かったのかもしれない。玄洋社に端を発した暴力の系譜が第2次世界大戦で悲劇的な結果を迎える道程の1コマであった。  さて、又次郎氏の孫にあたる三世議員... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/08/24 00:48
現代日本に花咲くヤクザ文化と国家主義
 小泉が首相に就任後、それまでは表に出てこなかったことが堂々と世の中を闊歩するするようになったように思う。例えば、手段を選ばすに自らの利益のみを追求する傾向や、個人の人権や自由を軽視する国家主義的な傾向である。  小泉の祖父は全身刺青があり、刺青大臣と言われた議員であった。刺青大臣の父は神奈川県で海軍に人足と物資を供給する土木請負業「小泉組」を営んでいた。ヤクザの源流の1つである博徒は、このような請負業者が、人集めと支払った労賃回収のために賭場を開いたことにより生まれた。小泉の一族が博徒であっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/08/18 01:33
日本は世界の僻地か?
 昨日、NHKのドキュメンタリー番組で、中南米の政治経済事情を紹介していた。主にブラジルとチリについてだったが、1980年代の経済破綻によりIMFの融資を受けて、その条件として国営企業の民営化と規制緩和を柱とする新自由主義経済政策を行った結果、経済指数は回復したが、失業者が増えて国民全体の生活は改善されなかったという。そのような社会的不満により、現在左派政権が経済成長と平等な分配を目指して、長期的な視点に基づいた戦略を立てて経済と外交を行っているとのことだった。この流れは、米国の裏庭といわれた中... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/05 02:42
浮遊する小さなコップの自民党
 自民党の総裁戦が始まったとのニュースを見た。おそらくは丸暗記したであろうことを話すだけの安倍晋三と、知性とバランス感覚もあり真面目そうな谷垣氏(よく小泉内閣に入ったものだ)に、口が悪い麻生氏が出馬するそうだ。ろくな人材がいないと思うのだが、現在の自民党に残っているのは右寄りの森派と、それに屈したその他議員であり、いくらマスコミが盛り上げようとしても小さなコップの中の争いでしかない。日本経団連のセミナーで小泉がヘラヘラ笑っていたように、小泉路線の継承者を決めるだけで、たいしたものではないのだ。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/29 02:52
富田メモに怯える自民党森派
 富田メモに対する過敏な反応が自民党森派とそのシンパから相次いでいるのは、まったく醜悪で見るに耐えない光景である。真贋云々や政治利用を戒める言葉には、彼らが今まで行ってきたことが透けて見えるようで興味深い。  彼らにとってそのメモが本物であると都合が悪いのは、「合祀を問題としていない天皇と我々は同じ意見なのだ」という主張を政治的に利用してきたからである。まず1つは国内のナショナリストの支持を得るために、次に中国、韓国を刺激してスケープゴートとして小泉政権下で激増した貧しい国民の憂さ晴らしとする... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/23 21:48
パフォーマンスと本音を横目に、外国に期待
 北朝鮮のミサイル事件から国連安保理の決議騒動だが、「日本が頑張って決議にこぎつけました」と何故か満足しているマスコミが不気味だ。安倍、麻生、額賀の断固な強硬パフォーマンスを見ると、多くの国民が安心すると思ったのか、パフォーマンスの垂れ流し状態だったが、当方には単なる頑固者にしか見えなかった(あれを見て安心するのは宗教に近いな)。軍備増強、先制攻撃という本音が出た時には、彼ら雇い主である国民の生活を守るためにもっと地道な外交交渉が必要と思いながらも、地道な活動と言うのはやっぱり商売にならないのか... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 1

2006/07/19 15:26
田原氏と岸井氏の正しい聞き方
 ジャーナリスト?田原総一郎と政治評論家、岸井成格(TBSに出演)の話を聞く場合に、予備知識として知っておいたほうが良いと思われることをお知らせしたい。  田原氏は、小泉が首相に就任後、サンダープロジェクトでゲスト出演した高市早苗に対する南京大虐殺に関する発言から右翼に抗議されたが、自民党の森前首相の仲介で手を打った。それからは、森派の小泉応援団としてその名を轟かすようになった。  その田原氏は、田中真紀子氏との対談において、「05年の衆院選の勝利はマスコミの影響が大きかった」との田中氏の発... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/07/09 01:30
危険すぎる安倍晋三
 北朝鮮ミサイル発射事件の後に、小泉首相の言葉として報道されたのは、「運がよかった」だけのようだ。1つはメンフィスにいる時に起きなかったこと、もう1つは国会を延長していなかったこと(国会中の事件となり混乱しただろう)、この2つの点で運が良かったのだそうだ。このふざけた老人を任期一杯、遊ばせておく必要は無い。一刻も早く首相の座から引きずり降ろそうという政治家がいないようでは、日本の未来は暗い。  国連安全保障理事会の15カ国の内、中国とロシアをのぞく13カ国が決議に賛同の意向とのことで、安倍は「... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/07/08 02:43
ノック代わりのミサイル7発?
 北朝鮮のミサイル発射について、あまり不安を感じないのは地図で見ると日本海とはいえ日本のはるか彼方で、ほとんど北朝鮮の沿岸近くだからかな。日朝平壌宣言を締結した政府与党のメンバーが面子を潰されたと怒るのはともかく、米国からすれば北朝鮮を締め付けるよい口実ぐらいにしか思っていないだろう(ノドンの到達距離にもよるが)。  米国がイランに対して譲歩したのは、米国の親とも言えるイスラエルが実害を被る可能性があるからだが、日本については戦場になっても良心の呵責などはないだろう(そのため米軍再編だろうから... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/07/06 00:25
否定される小泉政治を継承するしかない再チャレンジ安倍
 小泉が行ってきた悪政に対する理解が拡がってきたようで、各選挙で自民党が敗北しているのは喜ばしい。堀江、村上の逮捕により、長らく政府の諮問会議などに参加する特権を生かして好き放題の金儲けをしてきたオリックス宮内にも、ようやく光が当り始めた。民間の知恵を借りる等と言う名目で行われてきた政治家と財界人のインチキ改革を解明する動きは、おそらくもう止まらないだろう。  巷では次に逮捕されるのは木村剛と言われているようだ。竹中の肝いりで金融庁顧問になり30社リスト(借金が多いので不良債権処理のために倒産... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/07/05 01:31
Love me tender に感謝する男 小泉純一郎
 6月29日深夜に生中継された日米首脳会談における共同記者会見の様子をお伝えしたい。まずブッシュ大統領と小泉首相が会談内容についてそれぞれ語って(マスコミが詳細を報じるだろう)から、4人の記者の質問を受けた。  まずブッシュに対して、外国人(米人?)記者が、キューバにある米軍の収容所についての米連邦最高裁の判決について質問した。次に日本人記者が北朝鮮のテポドンについて尋ねて両氏がそれぞれ答えた。3番目の質問は再び外国人記者から米連邦最高裁の判決について(小泉氏はかやの外)、そして4つめ質問は日... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/30 15:00
小泉へのブーイングを聞かせない罪
 今年の4月3日に、小泉首相が金メダリストの荒川静香とサントリーホールでオペラ「トゥーランドット」を観た時のことである。ご存知の方もいらっしゃると思うが、マスコミが全く報道しなかった事実があった。入場した2人に対する長く大きいブーイングである。もちろん、そのブーイングは荒川選手へではなく、小泉だけに向けられていた。これ以降、小泉は不特定多数の国民の前でのパフォーマンスは控えているように思う。  画像は見せてブーイングを聞かせなかったマスコミは何を考えているのだろう。以前、観衆(ほとんどは学会員... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/25 03:20
さらば ダイエー
 東京の芝公園にあるダイエーが6月末で閉店する。「開店後20年に及ぶご厚情に応えるためにも最終営業日まで誠心誠意尽くす所存でございます」という主旨の立て札が入口にあり、胸をうつ。  2004年の11月に不良債権処理の象徴として、小泉、竹中の面子のために無理やり再生機構送りにされたことは今思い出しても怒りがこみ上げてくる。当時はダイエーは2兆円超あった有利子負債を1年間で1兆円分減らして、新たな再生プランを発表していた。しかし以前からUFJ銀行に圧力をかけていた竹中の分身といえる金融庁の圧力に、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 3

2006/06/21 01:43
福井日銀総裁支持のコメンテーター見聞緑
 日銀総裁の村上ファンド出資事件について、テレビ出演者が行ったコメントをいくつか聞いたので再現と解説をしてみよう。  金曜日午前中のフジテレビの小倉智昭氏の番組においては、小倉氏がルール違反をしていないから辞任不要、また経済評論家風の藤巻?氏は福井総裁が外国からの評判も高く、得がたい人材として辞任不要、他の一般出演者も自分が総裁だったら辞めるが福井氏なら?などと発言していた。日銀総裁になるような人物は皆、得がたい人材であるのだが、よく知っているがゆえの肩入れというものが感じられた評論家以外は、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 11

2006/06/18 01:11
日銀総裁の一本道
 福井日銀総裁の村上ファンド出資事件については、正に腐臭を放たんばかりの光景が繰り広げられている。総裁就任時にファンドの解約をしなかったことは言い逃れの無い過ちであり、日銀総裁がその職責を全うするためには、もはや別の人物が総裁になるしかない事態であると理解できないところがまた恐ろしい。  福井氏を擁護する者のなかには、解約しなかったこと自体に問題が無いという議員までいるようだ。また日銀内のルールが未整備という意見も出ているが、それぐらいのことはルールがなくても理解して判断できる人物が日銀総裁に... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/06/17 01:07
小泉新聞である読売に、公的権力の監視権を認める皮肉
 数日前に東京高裁で、読売記者の取材源秘匿に関する裁判の判決が出た。裁判官は、報道機関の役割は民主主義社会において国民の知る権利に奉仕するもので、憲法上保護されること、取材活動が公権力の介入から自由であるためには、取材源が秘匿される必要があることを述べたという。  ここ数年の読売新聞の内容は、上記のあるべき報道機関の役割から甚だしくかけ離れている。小泉応援団としての活動が目立ち始めたのはイラク戦争前後からであり、イラク国内で人質になった日本人3人に関して、社説で自己責任論を主張した。この異常さ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/15 13:19
小泉純一郎の論理
 東京新聞によると、社会保険庁の国民年金保険料の不正免除問題などをめぐる問題で、村瀬長官の責任、および小泉首相の任命責任を問う民主党の動きについて、小泉は以下の主旨の発言をしたという「改革に抵抗する社会保険庁職員の労働組合をかばってはいけない。民主党がそのような動きに乗るのは解せない。現状がいいとぬくぬくしている職員の言葉に乗っている。マスコミ も野党も注意し、改革つぶしに乗らないようにしないといけない」。  不正免除問題については、知っていても知らなくても村瀬長官に監督責任はある。監督責任と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/11 00:50
バグダッドの怪
 BBCによると5月にバグダッドの死体安置所に運ばれた死体は約1400体に達した。今年に入ってから毎月1,000体以上が運び込まれており、宗派間の対立と犯罪によるものという。レポートはイラクが内戦状態にあることを知らせている。  日本は、小泉首相の独断によりイラク攻撃に加担してはずだが、マスコミからイラクの状態に関する責任を問う声は全く聞かれない。バグダッドの惨状を知れば、サマワに送られた自衛隊の活動が茶番であることは明白であろう。  小泉は「日本が攻撃を受けた場合に、助けてくれるのは米国だ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/08 01:21

トップへ | みんなの「政治」ブログ

君よ憤怒の河を渡れ 政治のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる